検索
  • 那覇BS

クレジット手数料の消費税区分

最終更新: 2019年4月13日

間違いの多い例としてクレジット手数料の消費税区分間違いも多いです。

「非課税」なのか「課税」なのか。


ここで国税庁の解説ページを参照してみます。


クレジット手数料|消費税目次一覧|国税庁 - 国税庁ホームページ

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/06/02.htm


回答要旨の①にてはっきりと「非課税となります。」と記載があります。

しかし、最近は課税のクレジット手数料もあります。


「信販会社」に支払うクレジット手数料は非課税になりますが、

「クレジットカード決済代行会社」に支払うクレジット手数料は課税になることがあります。


クレジットカード決済代行会社が、信販会社から債権を譲渡してもらっているのです。

クレジットカード決済代行会社への手数料は代行サービスの利用料なので消費税が課されるのです。


では支払っているクレジット手数料が非課税か課税かはどこで確認するのかというと、

届いている請求書に消費税額の記載があるかどうかで判断できます。

消費税額の記載があれば課税で問題ありません。


しかし、クレジットカード決済代行会社の発行する請求書に消費税額の記載がない場合もあるようなので、その際は問い合わせて確認するのが一番だと思います。


複数のカード(VISA,MasterCard,JCB,アメリカン・エクスプレス,ダイナース等)がまとめて入金がある場合は代行会社である可能性があります。


せっかく支払っている消費税を仕訳で間違えてしまうと、二重に納税してしまうことになるので注意が必要です。


クレジット手数料=非課税 と思い込んで処理してしまっている場合も多いので、この機会に確認してみましょう。


最近よく目にする下記サービスの消費税を確認しました。

・Airペイ →非課税

・楽天ペイ →非課税

・Square →非課税

となっていました。

カード決済以外のIC等の場合は課税になるようなので、

都度明細の確認をしてからの経理処理が必要のようです。

1,367回の閲覧

最新記事

すべて表示

社会保険料の発生主義と現金主義の仕訳

毎月預金から自動引落の社会保険料ですが、発生主義と現金主義で処理が異なります。 従業員負担分を預り金で処理する場合と法定福利費のマイナスで処理するパターンもあるので、 複雑です。 転職して別会社の会計処理が以前の会社の処理と異なる場合は混乱するかもしれません。 原則のパターンをしっかり理解し、その他のパターンを覚えると理解しやすくなります。 給与〆日が月末、支給日が翌月5日の場合で解説します。 【

自己チェック方法_損益計算書の推移表確認

仕訳入力後の自己チェック方法のうち、損益計算書(P/L)についてです。 基本的に、計上金額は貸借対照表(B/S)にてチェック済みを想定します。 PL科目はBS科目とセットで仕訳されることが多いので、BS科目の元帳で残高が正しければ、 わざわざ再度PL科目元帳で金額を確認する必要はありません。 しかし、PL科目同士での科目振替等はBSで確認できないので、注意が必要です。 PLの自己チェックで見たいポ

那覇記帳代行サービス

〒901-1111 沖縄県島尻郡南風原町字兼城498-2 トーマス兼城Ⅱ

​担当者TEL:080-9851-3996 (受付時間 9:00-21:00) MAIL:info@nahabs.com